葬儀における参列者のマナー

葬儀のマナーは喪主だけではなく参列者側にも必要となってきます。喪主としてよりも参列者として葬儀に参加する機会の方が多いですから、参列者としてのマナーは絶対に知っておかなくてはいけません。最初に気を付けておきたい服装ですが、当然ながら喪服が基本となります。通夜の場合はブラックスーツやダークスーツでも問題ありません。ネクタイや靴下は黒にして、腕時計などのアクセサリー類は外しておく事がマナーとされているので注意しましょう。女性の場合も同じようなマナーが必要となり、こちらも通夜の場合は喪服でなくとも黒または地味な色のワンピースやスーツでも問題ないとされています。

そして服装以外に気を付けたいマナーとして、親しい間柄でない場合は遺族に挨拶する事は控えた方が良いというものがあります。もし遺族と親しい間柄だとしても、長時間の挨拶は避けるようにしましょう。葬儀の間は何人も参列者が訪れますから、ご遺族はその対応をしなくてはいけません。挨拶で長時間拘束してしまうと対応すべき人に対して対応できなくなってしまいますので、挨拶をする場合は手短に、あまりご遺族と親しくない間柄ならば挨拶をせずに帰るという事がマナーとされています。また当然のマナーとして通夜や告別式の最中に世間話をするなどの私語は慎むようにしましょう。

通夜や告別式はいつ起きるかわかりませんし、頻繁に起きるものでもありません。ですから何度も経験するうちに慣れるという事は少ないので、こういった基本的なマナーは事前に知っておいた方がいいでしょう。故人やご遺族に対して失礼にならないよう、葬儀のマナーを知っておくという事は、特に社会人にとっては非常に重要なものとなります。