葬儀の形式について考える

葬儀の形式はさまざまな種類があるので、どういった形式があるのかということやその特徴を知っておけば、喪主になった際に故人の希望に添った形式の葬儀をあげやすくなるでしょう。では、一般的な形式以外にはいったいどういった形式の葬儀があるのでしょうか。まず最初に挙げられるのが家族葬で、これは一般的な葬儀と同じ日程を、故人の親族や親しい友人といった限られた人たちで行うという形式です。特徴としては親しい人たちだけで行われるため、一般的な形式とは違いリラックスした雰囲気で行う事ができます。ですから例えば故人が明るい雰囲気で見送って欲しいと希望していた時には、この形式を選ぶことで故人の希望に添った雰囲気で見送る事ができるでしょう。

もうひとつ特徴的な葬儀の形式として挙げたいのが直葬です。直葬は通夜や告別式を行わず、火葬だけを行うという形式となっています。直葬は親族だけで行われますし、通夜や告別式を行わないため非常に安い費用で行う事が可能な葬儀です。自分の葬儀にかける費用を少なくしたいと考えている方は、この形式を選ぶのも選択肢の一つです。また密葬という形式もあり、こちらは家族葬と同じく親族だけで通夜や告別式を行った後で、一般の参列者向けに本葬と呼ばれる葬儀を改めて行うという形式です。この形式は日程の都合などで、どうしても先に家族だけで葬儀をしなくてはいけないという場合に選ぶと重宝する形式です。

葬儀の形式にどういったものがあるのかを知っているかどうかは非常に重要です。形式によって費用も変わりますし、通夜や告別式を行うかどうかということも変わってきます。形式ごとの特徴や日程の違いをきちんと把握する事で、より故人の希望に添った葬儀を行うことが可能になります。喪主になった時や自分の葬儀の事を考える時には、まずこういった形式の違いなどを知っておきましょう。