葬儀の形式と費用の関係

葬儀の事を考える時に、最初に費用のことを考えなくてはいけません。一般的な形式で行う場合、おおよそ200万円ほどの費用が相場とされています。これは通夜や告別式の会場費用や食事などの費用が大きく、参列する人の見積もりが多ければ多い程費用も多く必要となってくるので注意しましょう。一方で参列する人が親族や故人と親しい人に限定される家族葬の場合は費用が安くなり、およそ100万円ほどが相場となっています。これは参列する人が少なくなればなるほど安くなりますので、もし費用を抑えたいという場合は参列してもらう人を少なくするようにするといいでしょう。ただ、呼ぶべき人はきちんと呼んでおかないとトラブルになるので注意が必要です。

もっとも安い形式は通夜や告別式を行わない直葬で、こちらは20万円から30万円と非常に低い費用で行う事ができます。これは通夜や告別式で式場を使わないため費用が安くなります。しかしこの形式では故人と親しい友人などの参列者もなく、完全に身内だけで葬儀を行う形になるため、後から参列したかったという人への対応をしなくてはならないなど、トラブルが起きる可能性があることも理解しておきましょう。きちんと直葬であるという事を事前に伝え、その上で参列したいという人への対応をきちんとしておくなど、葬儀の前にさまざまなフォローを考えておく事が必要となります。

葬儀にかかる費用はどういった形式で行うかによって大きく変わってきます。基本的に参列者の数が少ない、式場を使用しないという形式で行われる場合は費用が安くなりますから、費用を抑えたいという場合はこれらのポイントに注目してどの形式で行うかを考えます。ただ、安い場合はそれ以外の場面で対応すべきことも増えてしまいますので、費用だけにとらわれないようにすることも大切です。